私をお持ち帰りして-家に持ち帰る価値のあるハンドバッグに関する絵本

この本や新しいバッグなどをお持ち帰りする-私はその時が大好きです。あなたが長らく欲しいと思っていたバッグをショーケースやオンラインショップ、ブティックの戸棚から解放し、家に持って帰った時の気持ちを忘れてはいけません。私は今月、1人ではなく2人の赤ちゃんを産みます。 自分のお腹の中の子と、私の初のコーヒーテーブルブック、"「Carry me Home」" です。

私は11年間、自分の仕事に情熱を持って取り組んできました。今では自分の感覚でデザイナーハンドバッグを選ぶことができます。私はkateglitter.comだけでなく、AIGNERオンラインマガジンでも、これらの時代を超越したクラシックなバッグたちを新しい方法で舞台に呼び戻し、皆さんに紹介するのです。

ちなみに、私のクラシックなバッグの基礎となったものは、若い時にフリーマーケットで見つけたAIGNERハンドバッグです。私は今でもそのバッグ愛し、宝だと思っています。ご存知のように、あなたは最初の愛を決して忘れてはいけません。 「あなたの家にお持ち帰りする」ということは、常にあなたのそばに大切な宝物があるという温かい気持ちや、秘密をもっているような感覚、万能なアイテムが手近にあることを知るということです。永遠に色褪せない、スタイリッシュなバッグにしましょう。 今日、私はAIGNERバッグについて、少し解説したいと思います。多彩な色の世界に飛び込み、無限の可能性のあるAIGNERのバッグの組み合わせを感じてください。多くのものを買い揃えるのではなく、良質なものに投資することの良さについて、あなた自身を納得させてください。

それからあなたが良い友人を手にすることを保証します - 永遠に!

心を込めて ケイト