レザーの特徴的な香りが漂う


  ミュンヘンのアイグナー・モデリアでは、金属を柔らかく撫でる音が聞こえ、針が上質な革に正確に滑り込んでいく様子が見られます。アイグナーは約50年にわたり、ハンドメイドのクラフトマンシップ、細部へのこだわり、洗練されたデザインを大切にしてきました。アイグナーのレザーコレクションは、伝統的なクラフツマンシップの魅力と現代的な感覚を融合させています。


AIGNERのクラフツマンシップは、クラシックなクラフトマンシップを表現しており、また、変化と伝統は相反するものではないことを証明しています。それぞれのバッグの創造は、その起源を語り、対照的なものを一つのまとまったデザインに統合します。現代の技術とスタイルが、試行錯誤された専門知識と結びついているのです。